伊藤園ホテル松川館ブログ宿泊記|源泉かけ流し温泉|カニ食べ放題|ビール飲み放題の50代女一人旅

伊東園ホテル・松川館・ブログ宿泊記・食べ放題・飲み放題・通える温泉コスパ最強・アイキャッチ画像

当ページには広告が含まれています。

【伊東園ホテル松川館】の、女一人旅レポートです。

悩むNさん

伊東園ホテルって
よく聞くけど・・・
どう?

解決の一助になれば幸いです。

伊東園ホテル松川館のエントランスを撮影した画像
伊東園ホテル松川館のエントランス
感想まとめ

源泉かけ流しの湯に、どっぷり浸り続けても、8千円代。早割ならば6千円台。食べ放題のみならず、アルコール飲み放題。ビジネスホテルより、お財布に優しい!

かけ流し温泉入り放題・お食事は食べ放題・お酒も飲み放題の快適さを視覚化した手作り画像
かけ流し温泉浸り放題・食べ放題・飲み放題なのに料金ビジホ並

宿代が高騰が続く昨今、コスパ重視の宿探しに、お役立てください。

伊東駅から、徒歩で約10分で到着です。

伊東駅の外観を撮影した画像
伊東駅

商店街を、ゆっくりお散歩しながら到着です。平坦で歩きやすい道のりでした。

伊東園ホテルと言えば、全国展開のリーズナブル温泉。

テレビCMでは「通いたくなるこの満足。通えてしまうこの価格」と、吉田鋼太郎さんも言ってます。

伊東園ホテルズの最大の魅力である安さ「通える温泉」が一目でわかる画像・伊東園ホテルズ公式サイトより
画像・伊東園ホテルズ公式サイトより

夕食・朝食、食べ放題。アルコールも飲み放題。カラオケも無料でした。

伊東園ホテルの特徴①安い②食べ放題・飲み放題③カラオケ無料が一目でわかる画像:伊東園ホテルズ公式サイトより
画像:伊東園ホテルズ公式サイトより
悩むNさん

安かろう
悪かろう?
それとも
お値段以上の
コスパ良し?

お得旅の調査&比較Webライター

最近、ビジネスホテルも同価格帯ですよね。
ビジネスホテルに泊まるならば
かけ流し温泉付き・食べ放題・飲み放題は
コスパは良いと感じました。
人気のドーミー◯ンやベッ◯ルと
比べてみてください。

タップで飛べる目次

ADVERTISEMENT

伊東園ホテル松川館を選んだ理由

初めての伊東園ホテル松川館
を選んだ理由

8,998円で、源泉かけ流し温泉ざんまい!だったからです。

ビール飲み放題!だったからです。

しかも、紅ずわい蟹も食べ放題!だったからです。

8,998円で、4つの源泉掛け流し温泉に入り放題、紅ずわい蟹が食べ放題で、満足した喜びを視覚化した手作り画像
伊東園ホテル松川館の中庭
今回の一人旅に求めた条件

条件①源泉かけ流し100%の温泉に浸かりたい

条件②湯上がりにゆっくりビールを飲みたい

条件③お腹いっぱい蟹を食べたい

でも、1万円でお釣りが欲しい!

「多分、無理だろう」と思うほど、意地でも追求したくなるものです。

お得旅の調査&比較Webライター

特に、温泉旅館は
1名予約だと
予約不可の宿も
多いですよね。

辿り着いた結果が、伊東園ホテルズの『カニ食べ放題プラン』でした。

1泊7,800円(記憶では、20年前くらいから7,800円ですよね?)税込8,000円代です。

一泊7,800円で泊まれるコスパ良い通える温泉宿
画像:伊東円ホテルズ公式サイトより

数ある伊東園ホテルの中から『源泉かけ流し』を探して、ヒットしたのは『松川館』です。

ちなみに伊東には、伊東園ホテルは3つあります。

伊東駅の階段にある「伊東園3ホテル」の看板を撮影した画像
伊東駅の階段にある「伊東園3ホテル」の看板
伊東園ホテル松川館の温泉は天然掛け流しであることが一目でわかる画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより
画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより

源泉かけ流しの野趣あふれる温泉が4つ。

松川館の源泉掛け流し温泉の様子が一目でわかる画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより
画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより

蟹が食べ放題で、1泊2食8,000円代。ホテルの「カニ時期ディナーブッフェ」と大差ない金額です。

伊東園ホテルズの期間限定・カニ食べ放題プランの内容が一目でわかる画像・伊東園ホテルズ公式サイトより
画像:伊東園ホテルズ公式サイト・カニ食べ放題プランより

伊東園ホテルの「期間限定・カニ食べ放題プラン」は、ホテルにより、食べ放題のカニが3種類ありあす。

紅ずわい蟹、本ずわい蟹、トゲずわい蟹の3種です。

カニ食べ放題プラン3種類・伊東園ホテルズ公式サイトより
伊東園ホテルズ公式サイトより

「紅ずわい蟹が食べたい」と思っていたら、松川館は、紅ずわいホテルでした。

伊東園ホテル松川館のカニ食べ放題プラン画像:公式サイトより
伊東園ホテル松川館のカニ食べ放題プラン画像:公式サイトより

探せばあるもの、です。

蟹シーズンが終わっても、季節に合わせたプランが、年間を通じて、あります。

河津桜プランの画像:じゃらんnetより
河津桜プランの画像:じゃらんnetより

一人旅プランもあり、1名予約を歓迎しているお宿なので、居心地も良かったです。

一人旅プラン画像:じゃらんnetより
一人旅プラン画像:じゃらんnetより

51歳の主婦(=私)に嬉しい「チェックアウト時間ゆっくりプラン」もありました。

50歳からのじゃらんプラン画像:じゃらんnetより
50歳からのじゃらんプラン画像:じゃらんnetより

3ヶ月前の早割ならば、さらに、お安くなります。

早割プランの画像:じゃらんnetより
早割プランの画像:じゃらんnetより

早割は、90日前、60日前、30日前と、3種類プランで、お値引き可能です。

悩むNさん

なぜ、最低価格保証で
一番安い公式サイトから
予約しないの?

お得旅の調査&比較Webライター

予約サイトからの予約は
ポイントが貯まるからです。

予約サイトで予約するメリットがなければ、「楽天トラベル」や「じゃらん」は、とっくに、なくなっているはずです。

私は、予約サイトのポイントを貯めて、次回以降の旅行で、宿泊料金の割引や、ランチ代をゲットしています。

実際、今回の旅行代金は、8,998円でしたが、JTBポイントを利用して、3,100円も安くなり、支払った金額は5,898円です。

予約完了の確認メールを撮影した画像・宿泊代金から3,100ポイント分=3,100円が引かれている証拠
予約完了メールの支払い料金画面

当ページ後半【お得な予約方法】で詳細を載せています。もしも、ご興味があれば、ご覧ください。

予約サイトの口コミ評価も、8,000円台で泊まれる宿ランク中では、高い方ですよね。

伊東園ホテル松川館
予約サイト★口コミ総合評価
松川館フロントにあった伊藤園ホテルグループのパンフレットを撮影した画像
伊藤園ホテルズ・パンフレット
伊東園ホテルズ・ガイドブックより松川館のページを撮影した画像
伊東園ホテルズ・ガイドブックより松川館のページ

伊東園ホテル松川館のエントランス

予想より、広い玄関に到着しました。

伊東園ホテル松川館に到着した時に宿の外観を撮影した画像
伊東園ホテル松川館の外観

松が歓迎してくれます。

伊東園ホテル松川館の正面入口と前庭の立派な松を撮影した画像
正面入口

最初の入口を入ります。

伊東園ホテル松川館の最初の入口を撮影した画像
伊東園ホテル松川館のエントランス

吉田鋼太郎さん、等身大での、お出迎えです。

伊東園ホテル松川館の最初の扉を開くと等身大の吉田鋼太郎さんがお出迎えの様子を撮影した画像
伊東園ホテル松川館の最初の扉の向こう

次の扉に進みます。

伊東園ホテル松川館・2枚目の扉の様子を撮影した画像
伊東園ホテル松川館・2枚目の扉

扉の先が、チェックイン・カウンターです。

当日は、全61室、満室とのこと。

15時きっかり到着で、チェックインは、並ぶことなくスムーズに終了しました。

鍵を受け取り、チェックイン・カウンターの、すぐ後ろにある「浴衣コーナー」より、好きな浴衣を選びます。

ロビーの浴衣コーナーを撮影した画像
浴衣

アメニティは、チェックイン時にピックアップし、客室へ持ってゆくスタイルです。

ロビーのアメニティコーナーを撮影した画像
アメニティ

歯ブラシセット・クシ・シャワーキャップ・カミソリの4アイテムです。

伊東園ホテル松川館のロビー

ロビーは、広いです。

伊東園ホテル松川館のロビー全体を逆位置から撮影した画像
ロビーの様子

大きなソファーが、14台ほど?あり、ゆっくり寛げます。

チェックイン・フロントからロビー全体を見渡した様子
チェックイン・フロント横から見るロビーの様子

ロビーに腰掛けて、中庭を眺めます。

伊東園ホテル松川館の中庭を撮影した画像
伊東園ホテル松川館・中庭

客室は、中庭を囲むように配置されています。

ロビーからコの字型に建てられた旅館の外観を撮影した画像
ロビーから見る中庭と旅館建物

池のある日本庭園です。

松川館ロビーのソファに腰掛けて庭園の植物と池を撮影した画像
ロビーのソファに腰掛けて眺める庭園

鯉が悠々と泳いでいます。

伊東園ホテル松川館・中庭を散策した時の松・紅葉・石組み・池の鯉を撮影した4枚の画像
中庭を散策

道路に面した窓も広く、明るいロビーでした。

伊東園ホテル松川館のロビーから道路側を眺めた様子を撮影した画像
ロビーから道路側

では、客室へ。

伊東園ホテル松川館の客室

客室に入ると、すでに、お布団が敷いてありました。

伊東園ホテル松川館の客室を撮影した画像
伊東園ホテル松川館の客室・和室10畳・お風呂なしタイプ

ベットのように、すぐにゴロンできるので、個人的には、嬉しいです。

広縁スペースに、ソファとテーブル、座椅子とテーブルがあります。

客室の広縁スペースを撮影した画像
客室の広縁スペース

床の間風スペース(元は床の間?)には、畳が敷いてあり、バスタオルが置いてありました。

伊東園ホテル松川館の客室・テレビと金庫・床の間風スペースを撮影した画像
床の間風スペースにテレビ

テレビ、Wi-Fiパスワード、金庫(鍵式)です。

床の間スペースの横に、押し入れ風クローゼット。ハンガーが10本あります。

客室の押し入れクローゼットを撮影した画像
押し入れ風クローゼット

洗面台は、入口を入った左側です。ドライヤーとハンドソープのみ。

客室の洗面所を撮影した画像
洗面所

トイレは、入口を入って右側でした。古さは否めませんが、清掃は行き届いています。

客室のトイレを撮影した画像
トイレ

トイレの横に、冷蔵庫・コップ・ポットがあります。

客室の冷蔵庫・ポット・コップを撮影した画像
冷蔵庫・ポット・コップ

お風呂は、「なし」タイプを選びました。

10畳の和室は、狭いビジネスホテルのお部屋に比べて、ゆったり、悠々と寛げました。

入口から客室全体の様子を撮影した画像
客室全体

窓からの景色は、中庭と山です。

客室の窓からの眺望を撮影した画像・中庭向き
窓からの眺め

ベランダに出ることは、できません。

お部屋の古さは、否めません。畳は新しめでした。清掃は行き届いています。コスパ重視でない場合は、費用VS価値バランスを、ご検討願います。

私は、宿泊料金設定から、過度な期待を持っていなかったため、想定内です。

フロントや温泉から「遠い客室」が苦手なため、フロントや温泉に近い場所をリクエストしていました。エレベーターに近い客室で、移動がラクでした。

「ぐり茶」「金目鯛せんべい」「豆菓子」がありました。

客室の「ぐり茶」と「お菓子」を撮影した画像
お茶とお菓子

早速、道中で購入した「静岡工場限定ビール」を、頂きます。

客室で寛ぎの時間に飲んだ「静岡ビール」と金目鯛煎餅を撮影した画像
金目鯛せんべい

極楽。

源泉掛け流し温泉を堪能したあと松川館の客室でビールを飲む過ごし方を視覚化した手作り画像
松川館・和室10畳で湯上がりビール

夕食の「別注メニュー」を見ながら、ワクワクと夕食を待つ時間。別注メニューは「金目鯛の煮付け」「蟹味噌甲羅焼き」「桜マスのお刺身」「鮑の踊り焼き・バター焼き」「黒毛和牛のしゃぶしゃぶ」の5種類。お値段は税込1,320円〜2,200までと、リーズナブル。

テーブルにあった「夕食の別注料理メニュー」を撮影した画像
別注お料理メニュー

お蕎麦の出前ができるのは、想定外でした。ウーバーイーツ不要。しかもリーズナブル。天そばに心揺れますが、我慢です。

客室の「出前お献立」を撮影した画像
出前お献立

金目鯛のお土産案内を、熟読しながら、静岡ビールタイムです。

金目鯛の煮付け特別販売の案内を撮影した画像
金目鯛の煮付け販売の案内

そろそろ、かけ流し温泉へ、行ってきます。

松川館の客室で楽しく踊る様子を視覚化した手作り画像
夕食前のワクワク時間

伊東園ホテル松川館の温泉

4つのかけ流し温泉は、午前・午後で、男女入れ替え制です。

桧風呂「末広の湯」桧風呂「福寿の湯」
露天風呂「龍神の湯」野天「岩風呂」
松川館4つの温泉リスト

全て、浸かりました。私は「龍神の湯」が、一番良かったです。

「龍神の湯」画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより
「龍神の湯」画像:伊東園ホテル松川館・公式サイトより
伊藤園ホテル松川館
温泉概要の詳細
右側▲印より→

泉質:アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)

効能:健康増進・病後回復期・腰痛・肩凝り・五十肩・冷え性(冷え症)・関節のこわばり・関節痛・神経痛・筋肉痛・切り傷・打ち身・慢性皮膚病・火傷・くじき・慢性婦人病・虚弱児童・運動麻痺など

温泉の写真撮影は不可のため、今回、私が予約したJTB公式サイトより、その様子をご覧ください。

「岩風呂」画像:JTB公式サイトより
「露天岩風呂」画像:JTB公式サイトより

岩、檜、あなたは、どちらがお好みですか?

「末広の湯」画像:JTB公式サイトより
「末広の湯」画像:JTB公式サイトより

温泉への行き方は、迷いました。

画像の全館案内図の通り、地下を抜けて、向かいます。

館内の温泉案内図を撮影した画像
館内の温泉案内図

当日の女湯「龍神の湯」へ向かう矢印に従って進みます。

地下通路への案内看板を撮影した画像
地下通路への案内看板

地下の通路は、ご覧のとおり、長いトンネルのようです。

温泉へ行く地下通路を撮影した画像
温泉へ行く地下通路

チェックイン時にもらう「館内マップ」で、位置を確認してから、客室を出ることをオススメします。

チェックイン時に貰える館内マップを撮影して温泉への通路を視覚化した画像
館内マップ

辿り着きました。

末広の湯・龍神の湯に到着し「男女入れ替え制」の「ご婦人」表示を確認した案内板を撮影した画像
「末広の湯」と「龍神の湯」の『ご婦人』表示

入口の暖簾は、間違いなく「女湯」です。

「末広の湯」入口の『女湯のれん』を撮影した画像
女湯のれん

最初に入ったかけ流し温泉は「末広の湯」です。ご覧の通り、檜造りのゆったりした温泉です。

温泉の様子は、写真撮影ができなかったので、各予約サイトの温泉画像で、ご覧ください。

桧風呂「末広の湯」画像:じゃらんnetより
桧風呂「末広の湯」画像:じゃらんnetより

天然かけ流しは、湯ざわりが、心地よいです。

露天風呂、じっくりと、頂きました。

「野天岩風呂」画像:楽天トラベルより
「野天岩風呂」画像:楽天トラベルより

柔らかい湯を堪能して、満足です。

桧風呂「福寿の湯」画像:JTBより
桧風呂「福寿の湯」画像:JTBより

伊東園ホテル松川館に宿泊していれば、伊東園ホテルの本館と別館の「温泉湯めぐり」が可能です(本館、別館は徒歩2〜3分の距離)。今回、私は、松川館の温泉だけ、ゆっくり、楽しみました。

伊東にある『伊東園ホテル湯めぐり』案内を撮影した画像
湯めぐり可能

お肌も、心も、潤ったので、お部屋でゴロゴロです。お腹ぺこぺこで、夕食時間が待ちきれません。

松川館の客室は到着時から布団が敷いてあるので湯上がりに寝転がって寛げる様子を視覚化した手作り画像
ごろごろゴロゴロ

せっかくなので、浴衣で、お散歩に出ました。

松川館の中庭を浴衣で散策する様子を視覚化した手作り画像
中庭お散歩

コンビニは、2軒先にローソンがあり、便利です。夕暮れの温泉街お散歩、楽しいですよね。

松川館の周辺を浴衣で散策した様子を視覚化した手作り画像
松川館の2軒先のコンビニへ

伊東園ホテル松川館の夕食バイキング

お腹空きすぎて、待ちに待った「夕食」です。

夕食時間は、①18:00〜と、②18:15〜の2回制で、チェックイン時に選びます。私は2回目開始の18:15からを選びました。

松川館「夕食時間の案内プレート」を撮影した画像
夕食の時間

時間は90分です。1時間半あると、ゆっくり食べられますよね。

夕食会場「華ひろば」の様子です。

松川館「夕食バイキング会場」を撮影した画像
松川館「お夕食の場所」

当日は、満室とのことで、テーブル席も宿泊人数分の用意とのこと。

夕食バイキング会場の画像:公式サイトより
夕食バイキング会場の画像:公式サイトより

ご覧の通り、席は、自由に選びます。1名利用は2名席を選ぶようにとの案内だけ、ありました。

夕食バイキング「座席自由の案内プレート」を撮影した画像
座席は自由席

開催中のフェアは「チーズかけ放題チーズに合う料理」でした。伊藤園ホテルは、なんでも『し放題』で、太っ腹ですね。

松川館「もちもち生パスタとチーズに合う料理フェア看板」を撮影した画像
『もちもち生パスタとチーズに合う料理フェア』

和洋中バイキングメニューのステーションです。お腹ぺこぺこを抑えつつ、まずは、落ち着いて、メニューパトロールです。

和食メニュー

「びんちょう鮪と甘えびのお刺身」「鰤のレアステーキ」

夕食バイキング「お刺身コーナー」を撮影した画像
お刺身コーナー

「カレイの南蛮漬け」「茄子の味噌炒め」「高野豆腐」「小松菜の昆布和え」「明太子の冷製パスタ」が並びます。

夕食バイキング「和食コーナー」を撮影した画像
和食コーナー

お寿司は「サーモン」「イカ」「コハダ」「エビ」の4種類。「茶碗蒸し」もありました。

麺は「蕎麦」と「ラーメン」です。

夕食バイキング「麺類コーナー」を撮影した画像
麺類コーナー

この「ししゃも焼き」は、熱々カリカリ&ジューシーで美味しかったです。

夕食バイキング「ししゃも焼き」を撮影した画像
ししゃも焼き

天ぷらは「メゴチ」と「ちくわ磯部」の2種類。

天ぷらコーナーの画像:公式サイトより
天ぷらコーナーの画像:公式サイトより

洋食メニュー

チーズフェア中にて、ぐるぐる回るチーズマシンが2台あり「チーズソース」は「かけ放題」。

「もちもち生パスタ」はフィットチーネです。見た目より、美味しかったです。カリカリ生ベーコンのトッピングもたっぷり「かけ放題」。

夕食バイキング「もちもち生パスタ」を撮影した画像
もちもち生パスタ&トッピング用カリカリベーコン

「海鮮トマトリゾット」は、卓上コンロ式の提供です。

夕食バイキング「海鮮トマトリゾット」を撮影した画像
海鮮トマトリゾット

「ローストポーク」「チキン」の小皿もありました。

夕食バイキング「肉コーナー」を撮影した画像
肉コーナー

中華メニュー

「麻婆豆腐」「炒飯」「八宝菜」「焼売」「小籠包」が並びます。韓国料理「チーズタッカルビ」も、ありました。

中華コーナーの画像:公式サイトより
中華コーナーの画像:公式サイトより

飲み放題ドリンクメニュー

生ビール、ワイン、サワー、ハイボール、焼酎、日本酒、ウイスキー、ソフトドリンク

飲み物・アルコール類の画像:公式サイトより
飲み物・アルコール類の画像:公式サイトより

生ビールは、アサヒスーパードライ・自動マシン提供です。

日本酒は、静岡の地酒が2種類、一升瓶が置いてありました。

レモンサワーなども作れます。

伊藤園ホテル松川館「飲み放題メニュー」イメージ画像:ゆこゆこネットより
松川館「飲み放題メニュー」イメージ画像:ゆこゆこネットより

ソフトドリンクの種類は、ファミリーレストランのドリンクバーと似ている内容です。

実際に食べたメニュー盛付け一例

ブッフェって、いそいそと、あせりますよね。はやる気持ちを抑えつつ、ゆっくり参戦です。

まずは、お造り2点盛りを頂きます。

甘海老お刺身を撮影した画像
お刺身

鰤の炙り焼き3枚。お寿司はサーモンを2貫。ししゃもには、マヨと七味を。

プレートにお料理を盛った様子を撮影した画像
マイセレクション

メゴチの天ぷらと、ローストポークも、前菜で頂きます。

プレートに盛ったお料理を撮影した画像

生ビールと共に、伊東園ひとり宴の、始まりです。ふふふ。

カニ食べ放題・紅ずわい蟹

さて、今日の狙いは「紅ずわい蟹」。

伊東園ホテル「カニ食べ放題」松川館の紅ずわい蟹・実際に食べた1皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』1皿目

既に、小皿に蟹脚が、乗っている状態で提供されます。カニ・コーナーは大混雑です。1皿目は、控えめに脚2本のお皿をピックアップしてきました。

2皿目は、大盛り皿を、見つけました。蟹バサミと、蟹棒も、用意があります。

伊東園ホテル「カニ食べ放題」松川館の紅ずわい蟹・実際に食べた2皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』2皿目

食べ放題のカニですから、大きな期待はしておりませんが、数を気にせず「カニ食べ放題」は、至福です。小ぶりですが、身はきっちり詰まっています。

3皿目に入ります。私は一人ですから無言ですが、近くの家族連れや、友達同士の皆さんも、ひたすら無言で、にたにた気味に、カニを召し上がってます。しあわせの連帯感が流れます。一人の方も、予想以上に多いです。

カニ食べ放題『紅ずわい蟹』皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』3皿目

殻をパキッと割ると、身がプリッと、出てきます。

カニ3皿を終えたところで、甘海老、おかわり。

甘海老のお刺身2皿目を撮影した画像
お刺身2皿目

ビールおかわりと、カニ4皿目です。このタイミングで「海鮮トマトリゾット」に点火しました。回るチーズソースサーバーから、チーズソースも持ってきました。カニの味変です。

カニ食べ放題『紅ずわい蟹』3皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』4皿目

紅ずわい蟹食べ放題&チーズソースかけ放題、初体験です。濃厚すぎて、ビールが進みます。

味変より、そのまま頂く方が美味しいと再確認し、5皿目を、取りに立ちます。

カニ食べ放題『紅ずわい蟹』皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』5皿目

5皿目には、カニ爪があり、さらに身が詰まっていました。たくさんの殻を剥きすぎて、指先が痛くなってきたので、ししゃも休憩です。

メゴチの天ぷらとししゃも焼きを撮影した画像
メゴチ天ぷら

6皿目は「カニ爪」狙いです。カニ爪2ヶ所ゲットです。ぷりぷりです。

伊東園ホテル・カニ食べ放題・松川館の紅ずわい蟹・実際に食べた皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』6皿目

7皿目ピックアップへ行ったら、今回は、お皿が濡れているものが多かったです。解凍のタイミングでしょうか。

伊東園ホテル「カニ食べ放題」松川館の紅ずわい蟹・実際に食べた1皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』7皿目

そろそろ、満たされた気持ちに到達したのですが、ラスト8皿目で、ラスト蟹とします。

伊東園ホテル「カニ食べ放題」松川館の紅ずわい蟹・実際に食べた皿目を撮影した画像
カニ食べ放題『紅ずわい蟹』8皿目

点火しておいたリゾットが、グツグツ食べ頃でしたので、紅ずわい蟹のほぐし身を、トッピングします。「海鮮リゾット」はアサリ、タラ、イカが入っていました。

海鮮トマトリゾットにカニの身をほぐして頂いた様子を撮影した画像
海鮮トマトリゾット

チーズソースを、たっぷり「かけ放題」しながら、宴の終了です。

「チーズかけ放題フェア」のチーズソースを撮影した画像
「チーズかけ放題フェア」のチーズソース

紅ずわい蟹、食べ放題、チーズかけ放題、ごちそう様でした。

カニ食べ放題とチーズかけ放題で満腹満足した様子を視覚化した手作り画像
満腹

別注メニュー

今回は、食べきれませんでしたが、別注メニューもリーズナブルです。カニ食べ放題時期でなければ、追加したいと思いました。

別注料理2種類の画像:公式サイトより
別注料理2種類の画像:公式サイトより
別注料理2種類の画像:公式サイトより
別注料理2種類の画像:公式サイトより
金目鯛の煮付け税込1,320円
あわびのバター焼き税込1,320円
あわびの踊り焼き税込1,320円
蟹味噌の甲羅焼き税込1,320円
黒毛和牛のしゃぶしゃぶ税込1,650円
松川館の別注メニューと値段

伊東園ホテル松川館の朝食バイキング

朝食の様子です。

焼きサバ、あじ干物、焼売、イカと里芋の煮物、きんぴらごぼう、茄子もやし、切り干し大根、ひじきです。

朝食バイキング「和食コーナー」を撮影した画像
朝食バイキング「和食ステーション」

温泉卵、納豆、焼き海苔、出汁巻き卵、オクラ、なめたけ、蒟蒻煮など、和食ステーションです。

朝食バイキング「和食コーナー」の海苔・温泉卵・納豆を撮影した画像
朝食バイキング「和食ステーション」

洋食ステーションは、ボロニアソーセージ、ジャーマンポテト、フライドポテト、オムレツ、ソーセージ、コロッケ、肉団子。コーンスープです。

朝食バイキング「洋食コーナー」を撮影した画像
朝食バイキング「洋食ステーション」

サラダは、レタス、きゅうり、スライスオニオン、ブロッコリー、コーン、ポテトサラダ、マカロニサラダ。フルーツはピンクグレープフルーツです。

朝食バイキング「サラダ・フルーツのコーナー」を撮影した画像
朝食バイキング「サラダ・フルーツのステーション」

パンは、白いもっちりパン、胚芽ロールの2種類でした。

朝食バイキング「サラダ・フルーツのステーション」を撮影した画像
朝食バイキング「パンのステーション」

朝食1回目の盛り付けです。

1回目は、和食を頂きます。冷凍品もありそうな中、ご飯が進んだのは、イカの煮物と、焼きサバと、梅干しです。

私が食べた朝食の盛り付けを撮影した画像・和食おかず編
和食の盛り付け1回目

お味噌汁とご飯も、もちろん、頂きます。

ご飯のお味噌汁を撮影した画像
ご飯とお味噌汁

朝食2皿目は、洋食を、頂きます。

洋食の盛り付けを撮影した画像
洋食バージョン2回目の盛り付け

個人的には、和食が、おすすめです。

この破格料金ですから、言える立場ではありませんが、朝食より夕食の方が、おいしいと感じたことを、感想としてお伝えしておきます。

伊東園ホテル松川館のカラオケ・卓球台

伊藤園ホテルは、カラオケも無料です。

宿泊日は、全て予約済みで、いっぱいでした。人気のようです。

カラオケルームの様子です。

松川館のカラオケルームを撮影した画像
カラオケルーム

3部屋ありました。

カラオケマシンを撮影した画像

卓球台は1台です。もちろん、無料です。

卓球台を撮影した画像
卓球エリア

自動販売機です。アルコール以外は、通常販売価格です。ビールは340円、酎ハイは190円、ハイボールは240円でした。

自動販売機2台を撮影した画像
2台の自動販売機

カップ麺QTTA2種類は、200円です。

カップヌードルの自動販売機
カップヌードル

伊東園ホテル松川館の注意点

伊東園ホテル松川館は、満室が多く、とにかく予約が取りずらかったです。

注意点:予約は早めに埋まってしまう!

今回、初めて伊東園ホテルに泊まってみて「リピーターが多い」と、感じました。

他の宿泊者達の会話から、松川館を何度も利用していること、他の伊東園ホテルとの比較、温泉・食事内容の比較など、聞こえた場面が、多くありました。

伊藤園ホテル『スタンプラリー』割引システム(スタンプ5個で500円引き等)で、楽しく通っているご夫婦も、いました。

「半年先まで、毎月、別の伊東園ホテルの予約済み」という方も、いました。

一泊7,800円で泊まれるコスパ良い通える温泉宿
画像:伊東円ホテルズ公式サイトより

確かに「通える価格」。

今回の予約時は、平日も満室が多かったです。特に土曜日は、早めの予約をおすすめします。

伊東園ホテルを安く予約する方法

一番、安いのは「早割」プランです。3ヶ月前予約の「早割90」が一番安く、税込7,348円でした(2024年1月現在)。

早割90プランの画像:じゃらんnetより
早割90プランの画像:じゃらんnetより

3ヶ月前を過ぎても、「早割60」「早割30」がありますので、まずは、早割からチェックしてみてください。

安く予約するコツ:早割プランで予約する

次に「公式サイトVS予約サイト」の比較です。

今回、私はJTBで予約しました。予約時、カニ食べ放題プラン以外も含めて、宿の公式サイト、楽天トラベル、じゃらんnet、ゆこゆこネット、アゴダ、トリバゴをチェックしました。

今回、私が予約したカニ食べ放題プラン画像:公式サイトより
今回、私が予約したカニ食べ放題プラン画像:公式サイトより

公式サイトは、8,415円、その他の6つの予約サイトは、税込8,998円で、全て同額でした。

カニ食べ放題プランの料金表示の画像:JTBで予約した時の確認画面
カニ食べ放題プランの料金表示の画像:JTBで予約した時の料金確認の画面

その差額、583円です。この差額を、どう感じるかは人それぞれです。

伊東園ホテルの公式で583円安くするか、次回に備えて、予約サイトでポイントを貯めるかは、お好みによります。

私は、予約サイトで『ポイントを貯める派』です。そのおかげで、今回も、3,000円も安く泊まれているからです。

安く予約するコツ:毎回、同じ予約サイトを利用してポイントを貯める

例えば、じゃらんで予約すれば、2%のポイントが貯まります。

カニ食べ放題プラン画像:じゃらんnetより
カニ食べ放題プラン画像:じゃらんnetより

1つの予約サイトに決めて、ポイントを貯めると、どうなるか?

一例として、私は、今回の予約で、JTBで貯まっていた「3,100ポイント」を、使いました。

筆者のJTBポイント3,122円分の明細画面を撮影した画像
JTBポイント

8,998円から、3,100ポイント分を引き、私が実際に支払ったのは、

5,898円です。

予約完了の確認メールを撮影した画像・宿泊代金から3,100ポイント分=3,100円が引かれている証拠
実際の予約完了メール

3,100円で、海鮮ランチ2回分、浮きました。

まとめ

今回は、長年、気になっていた伊東園ホテルを、初利用しました。

ビジネスホテルに泊まるよりも、かけ流し温泉に浸かり放題、食べ放題、飲み放題、を楽しめます。

気ラクで!お得!な一人旅を楽しめました。

一人旅の方も、少なくなかったので、居心地も良いです。

あなたの宿探しの一助になれば幸いです。

最後までお読みいただいた読者を労う気持ちを視覚化した文字画像・休日に女一人旅で温泉&ホテル会の感謝プレート

ADVERTISEMENT

タップで飛べる目次