【榎食品】本格きりたんぽ鍋の実食レポ・選んだ理由・購入前3店比較

榎食品・きりたんぽ鍋・お取り寄せ・実食レポート・3社徹底比較
A子さん

【きりたんぽ鍋】お取り寄せ、どのお店で買おうかな。

藤山らるこ

迷いますよね。今回は、秋田県比内地鶏ブランド認証済【榎食品】の「本格きりたんぽ鍋」をレポします。

目次

スポンサーリンク

【榎食品】の本格きりたんぽ鍋を選んだ3つの理由

A子さん

きりたんぽ鍋、たくさんあるけれど、なぜ【榎食品】にしたの?

藤山らるこ

3つの理由を、お伝えします。

【榎食品・本格きりたんぽ鍋セット】を選んだ決定打は、下記3つです。

  1. 秋田県・秋田市出身の人の推薦だった
  2. ふるさと納税の御礼品の商品でだった
  3. 積極的な販売広告が見つからなかった

神奈川県民の私が、「きりたんぽ鍋」を食べたことは、過去1回のみ。選ぶ基準、全く、わかりませんでした。

美味しいきりたんぽ鍋を食べてみたいので徹底比較しました!

理由1:秋田県秋田市生まれの上司の言葉

職場で「鍋」についての会話が、盛り上がった時のこと。「きりたんぽ鍋、おすすめ情報ある?」

しばしの沈黙。【きりたんぽ鍋】への関心度は低い模様。「きりたんぽなら、えのきだよ。」突然、遠くから上司の声。「は?」

A上司

きりたんぽなら、えのき、だよ。

リピートして言いきる上司。思い出しました。そうだ、この上司は、秋田県秋田市の出身だった。

藤山らるこ

えのきって、キノコの、えのき、ですか?

A上司

ちがう、ちがう。榎食品っていう商店。

「秋田県内のホテルや料亭へ届けている、地元の老舗。」「新屋にあるの。湧き水が豊富で、酒造の多いところだよ。今じゃ有形文化財。」

秋田県秋田市の公式サイト【ぐるっと文化財マップ】PDF版を眺めて、観光気分。

藤山らるこ

この瞬間から、「きりたんぽなら、えのきだよ」が、何度も、頭の中でリピート。

選んだ理由1:秋田県は秋田市で、18歳まで生まれ育った人のご推薦。毎年、秋田へ帰省する上司の言葉。これが、一番の決定打でした。

理由2:ふるさと納税の特産品対象である

次に、【榎食品のきりたんぽ鍋】が「ふるさと納税の返礼品」になっているかを、調べました。

なぜならば、「ふるさと納税の返礼品」は、その自治体が、自信を持ってセレクトしている品だと思っているからです。

納税してくれた人への「お礼」として、日本全国「どこへ出しても誇れる品を選んでいる」に違いないですよね?

ふるさと納税で信頼あるサイト、テレビCMでも見かける【さとふる】に、榎食品のきりたんぽ鍋、返礼品として載っていました。

私が検索した時は、8種類の「榎食品きりたんぽ鍋」が掲載。

榎食品のきりたんぽ鍋がふるさと納税の返礼品にセレクトされていることを実証するスクリーンショット画像
榎食品のきりたんぽ鍋は「さとふる」ふるさと納税の御礼品

選んだ理由2:秋田県秋田市が「ふるさと納税の返礼品」として出荷してるので、地元お墨付きの誇るべき「きりたんぽ鍋」だと思いました。

理由3:「きりたんぽ鍋・取り寄せ」検索

さらに、Googleで検索窓に【きりたんぽ鍋・取り寄せ】と、打ち込んでみました。

最上位に出てくるのは「佐田商店」さん、2番目は「さいとう」さん、でした。検索画面を20番目までチェックしましたが、「榎食品」のきりたんぽ鍋の公式サイトは出てきませんでした。

その時の検索の模様です。

Google検索【きりたんぽ鍋・取り寄せ】の表示画面で上位に表示される2店舗を実証するスクリーンショット画面
Googleで検索窓に【きりたんぽ鍋・取り寄せ】で出てくる上位2店舗

この検索が、最後の決定打になりました。なぜならば、

ネット上で、全国に向けて、積極的&大々的に、宣伝などしなくても、じゅうぶんに利益を上げて回っている商店だと考えたからです。

選んだ理由3:①秋田県・秋田市出身の人のオシである→②ふるさと納税の返礼品としてセレクトされている→③であるにもかかわらず、検索で情報が得られない→推測=絶対に美味しいはずと確信。

榎食品・佐田商店・さいとう【きりたんぽ鍋3人前】購入前の比較

とは言え、すぐにポチりません。他社の「きりたんぽ鍋」と比較は必須です。

前述でお伝えした【きりたんぽ鍋・取り寄せ】と検索すると出てくる「1位の佐田商店」、「2位のさいとう」と、【榎食品】の全体を比較した時の一覧表を、ご覧ください。

3人前に特化して比較しました。価格・量・賞味期限の違いが解ります。

【榎食品・佐田商店・さいとう】概要の一覧表

スクロールできます
会社名商品名3人前セット価格送料賞味期限きりたんぽ鶏肉つゆ野菜その他の具材
榎食品本格きりたんぽセット3人前6,500円(税込)全国一律0円製造より5日間8本比内地鶏250g・鶏がら1袋濃縮たれ300ccねぎ(190g)・ごぼう(60g)・舞茸(90g)・せり(70g)糸こんにゃく1袋
佐田商店きりたんぽ鍋セット3人前7,128円(税込)924円〜1,364円/
地域・時期により異なる
製造より3日間6本比内地鶏180g生スープ1袋180ml✕3袋ねぎ(165g)・ごぼう(75g)・舞茸(75g)・せり(75g)糸こんにゃく150g・鳥海山自然水500ml
さいとうきりたんぽ鍋3〜4人前4,800円(税込)700円〜2,000円/
地域・時期により異なる
製造より4日間6本比内地鶏180gスープ200g✕1袋・50g✕1袋ねぎ(120g)・ごぼう(60g)・舞茸(80g)・せり(100g)糸コンニャク100g
きりたんぽ鍋3人前・3社の比較

3社きりたんぽ鍋・3人前の価格・比較ランキング

まず、一番気になるのは、お値段ですよね。

上記の一覧表から、おわかり頂けるポイントとして、価格を安い順に並べます。

  1. 【さいとう】=4,800円(税込)
  2. 【榎食品】=6,500円(税込)
  3. 【佐田商店】=7128円(税込)

「①さいとう」が、一番安いことが解りました。

きりたんぽ鍋の価格が気になるイメージ画像
きりたんぽ鍋お取り寄せ価格が気になりますよね

3社の送料・比較ランキング

次に、送料を比較です。

  1. 【榎食品】=全国無料0円
  2. 【さいとう】お住まいの地域により異なる
  3. 【佐田商店】お住まいの地域により異なる

神奈川県の私が取り寄せる場合、【さいとう】=クール冷凍便で「1,000円」、【佐田商店】=クール便利便で「1,254円」です。

その結果、【さいとう=5,800円】【榎食品=6,500円】【佐田商店=8,382円】という、合計金額を把握できました。

あなたも、ここで忘れずに、お住いの地域の配送料をチェックしてください!

続いて、3社【各食材の量と到着形態】の比較です。

きりたんぽ本数・3社の比較ランキング

まずは、きりたんぽの量です。

  1. 【榎食品】=8本
  2. 【さいとう】=6本
  3. 【佐田商店】=6本

榎食品の8本がトップです。1本でも多いほうが、嬉しいですよね。

1本の差は大きい

比内地鶏の量・3社の比較ランキング

比内地鶏の量は、最重要ポイントですよね。

  1. 【榎食品】=比内地鶏250g+鶏がら1袋
  2. 【さいとう】=180g
  3. 【佐田商店】=180g

比内地鶏の量を比較した段階で、【榎食品】に決定しました。量が圧倒的に多いからです。

特筆すべきは、セットに鶏がらが入っているのは【榎食品】だけ。鶏がらが入っているので、出汁の旨味が違うだろうと確信しました。

骨付き比内地鶏で圧勝

ネギの量と形態・3社の比較ランキング

次は、ネギの量とお届けの状態の比較リストです。

  1. 【榎食品】=190g・鍋に投入できる形態までカット済
  2. 【佐田商店】=165g・20cmほどのカット済・鍋投入前に要カット
  3. 【さいとう】=120g・鍋に投入できる形態までカット済

ネギも、量・状態共に、榎食品が優位です。

②③は、お好みにより、ネギの量をとるか?切る手間をとるか?になります。

ネギは重要

ゴボウの量と形態・3社の比較ランキング

  1. 【佐田商店】=75g・すぐに投入できるカット済
  2. 【榎食品】=60g・すぐに投入できるカット済
  3. 【さいとう】=60g・すぐに投入できるカット済

ゴボウは、野菜材料の中では、一番、下拵えに時間を取られるためか、全てカット済でした。量のみの比較となり、佐田商店が一番です。

3社共にカット済

舞茸の量と形態・3社の比較ランキング

舞茸も、きりたんぽ鍋にはハズせないキノコのようです。

  1. 【榎食品】=90g・写真ではカットなし
  2. 【さいとう】=80g・商品ではカットなし
  3. 【佐田商店】=75g・写真ではカットなし

3社とも、商品画像はカットなしでした。下処理に手間を取るゴボウと違い、舞茸は、ほぐすだけですから、気にならない方も多いと思います。

記載の量は【榎食品】が一番、多いですね。

舞茸はほぐすだけ

セリの量と形態・3社の比較ランキング

こだわり派は、セリはポイントらしい?と思いました。根があるか?ないか?どっちなの?と。

【さいとう】は、公式サイトの見本画像を見ると、セリの「根」付きです。

【佐田商店】は、セリの旬である11〜3月にかけて(状態の良いときに限って)は、セリの「根」付きで届くと公式サイトに記載がありました。

が、私は「きりたんぽ鍋」ビキナー。まずは「根なし」で、食べたかったのです。春菊やパクチーなど、香草は好き嫌いが分かれますよね。

榎食品・本格きりたんぽ鍋セットが届いた時のセリを撮影した写真
榎食品・本格きりたんぽ鍋セットが届いた時のセリ

そもそも、何cmに切るのが美味しい食べ方なのか、わからないのです。「きりたんぽ鍋に合うようカット済がラクチン」だと思いました。

  1. 【さいとう】=100g・セリの「根あり」
  2. 【佐田商店】=75g・旬の時期に「根ありの時もある」
  3. 【榎食品】=70g・カット済「根なし」

「根あり・根なし」は、お好みによりますが、量のランキングは【さいとう】→【佐田商店】→【榎食品】という結果になりました。

ここまでが、価格・送料・具材の食材別の比較でした。

3社の総合ランキング・まとめ一覧表

部門別の調査結果を、一覧でまとめたので、ご参考にして下さい。

商品価格送料きりたんぽ比内地鶏つゆネギゴボウ舞茸セリ
榎食品2位2位1位1位1位2位1位3位
佐田商店3位3位2位2位2位1位3位2位
さいとう1位1位2位2位3位2位2位1位
3社の部門別ランキング一覧表

この結果を参考に、あなたの優先部門を見極めて頂けると、納得のゆく「きりたんぽ鍋・お取り寄せ」が可能になると思います。

私の場合、きりたんぽ鍋を選ぶ判断基準として、①味の決め手「つゆ」を鶏ガラで取れること、②主役である「きりたんぽ」の量、③ご当地鶏「比内地鶏」の量!と決めました。

きりたんぽ鍋ビキナーが、上記3つの点に着目して選んだのは【榎食品・きりたんぽ鍋セット3人前】です。

スポンサーリンク

【榎食品】本格きりたんぽ鍋の実食レポート

では、取り寄せてみた実食をレポします。

届きました。【榎食品・本造り・きりたんぽ鍋セット3人前】が。

榎食品きりたんぽ鍋が到着時を撮影した写真
榎食品きりたんぽ鍋が到着時

到着後、開封した時の感想:①鶏ガラが大きい&重い。②具材が真空パックで嬉しい。③つゆが予想以上にたっぷり。この3つが嬉しかったです。

榎食品のきりたんぽ鍋が届いた時の中身を撮影した写真
榎食品のきりたんぽ鍋セットに実際に入っていた具材

早速、榎食品の公式サイトより、【きりたんぽ鍋の美味しい作り方】を見つつ、調理の開始です。

榎食品きりたんぽ鍋が到着時に同梱されていたリーフレットを撮影した画像
榎食品きりたんぽ鍋に同梱のリーフレット

「作り方」とは言え、梱包された具材を、手順に沿って、真空パックを空けて、鍋に入れてゆくだけ。つまり、私自身が切ったり、用意したりするものは、一切ありません。簡単すぎました。

特に、鶏ガラのリアルな迫力、予想外の重み。

到着した骨付き比内地鶏を撮影した写真
比内地鶏は骨付き&きりたんぽ鍋に合わせてカットされた様子

比内地鶏は全てカット済でラクチン。塊で届いたら切り方に迷うので。

榎食品きりたんぽ鍋セットに入っていたカット済み比内地鶏を撮影した写真
榎食品きりたんぽ鍋セットに入っていたカット済み比内地鶏

厚手の鍋に水&鶏ガラを入れて、鶏がら出汁を取ります→同梱包された「作り方しおり」に沿って、つゆを投入。

ぐつぐつと煮えてきます。琥珀色の出汁ベースと、お台所に立ち込める香りに、心はずみます。

榎食品【本格きりたんぽ鍋】に入っていて鶏がらで出汁をとっている様子を撮影した写真
榎食品【本格きりたんぽ鍋】鶏がらで出汁をとる様子

榎食品の指南に沿って「きりたんぽ」を、切って温めます。温めることで、煮崩れを防いで最大限の旨味を味わえるとのこと。秋田こまち100%の「きりたんぽ」、予想以上の直径でした。

温めてから鍋に入れると、お米のつぶつぶ感と、香ばしさが味わえるのですね。きりたんぽ鍋ビキナーの関東人、未知の学びがひとつ増えて、前進です。

榎食品・本格きりたんぽ鍋セットのきりたんぽを温めている様子を撮影した写真
榎食品・本格【きりたんぽ】をこんがりと温める様子

具材を投入。野菜は、指南リーフレットに従い、煮過ぎないよう注意しました。

同梱の説明書に従い煮過ぎないように注意して火入れをしている様子を撮影した写真
同梱の説明書に従い煮過ぎないようにしている段階

特にセリは、食べる直前に鍋へ投入。セリの量は、取寄前の事前調査で【70g】との記載でしたが、到着後、実際の量を計ってみると【100g】以上でした。

セリは記載量より多く届いた・セリの量を実際に計った時の様子を撮影した写真
セリは100g以上、公式サイト記載量より多く入っていました

セリ、とーっても美味しかったです。次回、リピート注文する時は、増量リクエストの金額を問い合わせたいと思うほど。

比内地鶏は、いつも食べている鶏肉とは食感が違う。しっかり噛みごたえ食感あり・コリコリ食感あり・しっとり瑞々しさあり・なのにプリプリのゼリー感もあり、という「バリエーション豊かな食感が集結」された、未知の鶏体験でした。

榎食品・本格きりたんぽ鍋セットに仕上げのセリを投入した時の様子を撮影した写真
仕上げにセリを投入

鶏ガラから出た出汁は、①スッキリだけどコクがある(ありきたり&ベタすぎてゴメンナサイ)、②出汁がしっかり効いていてる、③醤油ベースで・なんとなく甘みある、という全国の日本人が、おそらくは心やすらぐ味

本当にほっこり温まる味でした。個人的な重要ポイントとして【出汁の色がキレイ】というのが嬉しかった点です。グツグツ煮ても、透明感のある琥珀色。

きりたんぽ鍋を実食した時の様子を撮影した写真
お出汁が美味しすぎて、先に飲んでしまった

寒い冬の夜、生きる気力がムクムクと湧き出る旨さ。東北へ行けなくても、榎食品のエネルギーチャージ鍋で、満足です。ごちそうさまでしたっ!

スポンサーリンク

【榎食品】きりたんぽ鍋を食べた関東人の発見

秋田県民の皆様、邪道でしたら、ごめんなさい。

きりたんぽ鍋、翌日の楽しみ方も「これまた美味しかった」ので、記します。

残った鶏ガラスープで、朝食は「うどん」。冷凍さぬきうどんを投入して頂きました。卵と三つ葉をトッピングした「秋田の比内地鶏出汁うどん」の深い味わい。翌日も琥珀色の出汁。朝からエネルギーチャージ完了できました。

朝でドタバタ、「秋田の比内地鶏出汁うどん」を撮れなかったのが、後悔です。

続いて、ランチです。

残った鶏ガラについた鶏肉で、昼食は「比内地鶏のサラダ風トースト」。最後に残った鶏肉を骨から剥がして、すこーしマヨネーズを足し、キュウリと和える。

翌日に比内地鶏をサラダにして完食した時の様子を撮影した写真
翌日は比内地鶏サラダで完食です。

骨に、まとわりついた鶏肉、サラダ風の和え物にしても、いつもの味とは一味違って旨味こっくり。是非、お試し下さい。

余すことなく、無駄なく、最後まで【きりたんぽ鍋セット】を食べ尽くしました。心ゆくまで満足です。

まとめ

今回は、【秋田県きりたんぽ鍋】について、榎食品の実食レポートを記しました。

私同様、きりたんぽ鍋の取り寄せが初めての方が、選ぶ時の参考になれば幸いです。

榎食品の公式サイト】榎食品の公式サイトから「ご注文」クリックすると、自動的に《全国の地方新聞社厳選サイト・お取り寄せサイト【47CLUB】》へ飛びます。

公式サイトの他、Yahoo!ショッピング【榎食品の本格きりたんぽ鍋が買えるページ】でも購入可能でした。

東北は秋田県が誇る「きりたんぽ鍋」。寒い夜に身体の芯から温まりました。ご当地を訪れた気分で、ほっこり楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

目次
閉じる