【全国旅行支援=全国旅行割】とは?条件は?どこより優しい説明★一番簡単で確実な予約方法は予約サイトから

全国旅行支援・全国旅行割とは?要点と簡単で確実な予約方法のアイキャッチ画像
お悩み中さん

全国旅行割ってなに?〇〇割が多くて、ややこしい!

Go Toトラベルとか、県民割とか、ブロック割とか、いろいろ登場して、混乱しますよね?

でも、お得な割引は、知っておきたいですよね。

利用するか否かは、別としても・・・

誰が、どこで、いつ、使えるのか?いくら割り引かれるのか、要点だけは、知っておかないと損ですよね。

このページで、どこよりも簡単に、要点だけをお伝えします。

運勢者らるこ

一人旅歴30周年越え・元旅行業界・温泉おたくが、解説させて頂きます。

特に、旅の予定がある方は、使わないと損です。

2022年10月開始の全国旅行割が、5分でご理解いただけます。

【目次】タップですぐ 見れます

ADVERTISEMENT

【全国旅行支援=全国旅行割】てなに?とにかく簡単に知りたい

【全国旅行支援】とは、国が観光支援として実施する、全国一律の割引です。

2022年9月22日、岸田総理大臣が【全国旅行支援】を、2022年10月11日から開始すると、訪問先のニューヨーク記者会見で発表しました。

気になる割引率は・・・旅行者1人1泊あたり40%。割引上限は、鉄道、バス、航空などの交通付き旅行商品は1泊あたり8000円、宿泊のみは5000円です。飲食店、お土産店などで使えるクーポン券は、平日3000円、休日1000円です。

全国旅行支援・全国割の要点をまとめた図
全国旅行支援・全国割が一目でわかる手づくり図

政府による国内・訪日の全面的な「旅行解禁」で、旅行市場全体の回復になることが期待された施策です(参考:トラベルボイス・観光産業ニュース 2022年9月23日配信)。

平日に交通機関付き旅行商品を利用すれば、1人1泊あたり最大1万1000円の補助が受けられます。

旅行の予定があれば、使わなきゃ損ですね。

ADVERTISEMENT

【全国旅行支援=全国旅行割】と県民割の違いは?

お悩み中さん

これまでの「県民割・ブロック割」と、どう違うの?

違いを、わかりやすく一文にすると、

これまでの【県民割・ブロック割】は、近距離移動の補助だったけれど、2022年10月11日からの【全国旅行支援】は、日本全国に広げて補助します

ということです。

違いが、一目でわかる一覧表も、ご用意しました。

スクロールできます
1名1泊全国旅行支援・全国旅行割県民割・ブロック割変化点
だれでも使えるの?
【利用条件】
・ワクチン接種3回済
あるいは
・PCR検査等の陰性結果
・ワクチン接種3回済
あるいは
・PCR検査等の陰性結果
変化なし
いつ使えるの?
【適用期間】
2022年10月11日〜12月末または1月末頃を想定(繁忙期を除く)2022年9月30日まで全国割開始日は2022年10月11日ですが、終了日は未定
いくら割引なの?
【割引率】
旅行代金40%の割引旅行代金50%の割引割引率が10%に下がった
割引の上限はあるの?
【割引上限】
5,000円(交通付き宿泊の場合は8,000円5,000円割引上限は変わらないが、交通の3,000円が上がった
クーポンはあるの?・平日:3,000円
・休日:1,000円分
2,000円(地域限定クーポン=平日・休日ともに同額)平日利用が2,000円お得になった
いくらまでの補助?
【補助額上限】
・宿泊のみ最大補助額8,000円
・交通付き最大補助額11,000
最大補助額7,000円・交通利用の場合3,000円アップ
・平日利用の場合2,000円アップ
居住地や行き先が決まってるの?
【補助対象】
全国の都道府県からの旅行が対象
(注:各都道府県が、支援対象を受けない選択ができる)
・県民の県内旅行
・近隣の都道府県からの旅行
・地域ブロック都道府県からの旅行
(対象拡大には都道府県間の同意が必要であった)
補助対象が広がった
(狭い範囲の旅から、全国の旅に拡大。ただし、参加しない都道府県が出るかもしれない)
全国旅行割と県民割・ブロック割の違い一覧表

ここで注目すべきは、①交通付き旅行プランがお得、②平日のほうがお得、という2点です。

したがって、全国旅行割を最大限お得に使うポイントは《①鉄道・バス・航空付きの宿泊プラン》で《②平日に旅する》ことです。

ADVERTISEMENT

【全国旅行支援=全国旅行割】の具体的な利用例

お悩み中さん

お得だと、あおられて、飛びつきたくないわ。
具体的に、どんな場合、いくら安くなるのか、
ちゃんと、わかってから、使いたいわね。

運勢者らるこ

ごもっともです。
宿泊料金別に、自己負担額を、算出しました。

  1. 3万円代の高級ホテル・旅館に、自己負担額19,000〜22,000円で泊まれる
  2. 1万円の宿泊先ならば、自己負担額3,000円で泊まれる
  3. 8,000円の宿泊先ならば、自己負担額1,800円で泊まれる
  4. 5,000円の宿なら、自己負担額0円、タダで泊まれるかも???

が、④は未定です。利益が出ないので、最低利用金額が設定されるかも?とも予想されます。もし、そうなれば、最低利用金額は8,000円くらいでしょうか?ゼロ円で行けるか否か!最新情報が発表されたら更新します。

【全国割】の「割引イメージ」は・・・

◆3万円クラスの高級宿に約1万円引きで泊まる

=旅先で、1万円の豪華ディナー代が浮く割引感覚

◆約1万円クラスの宿に3,000円で泊まる

=リッチなランチ代で、一泊旅行できる割引感覚

お悩み中さん

確かに、旅の予定があるなら、使わなきゃ損ね。

運勢者らるこ

平日・休日・交通付き・宿泊のみの
4パターンがあります!

【全国旅行支援=全国旅行割】4パターンとは?

全国旅行割には4つのパターンがあります。

全国旅行支援の4パターン一覧表
平日に交通付きで利用する
平日に宿泊のみで利用する
休日に交通付きで利用する
休日に宿泊のみで利用する
全国旅行割4パターン

では、この4パターンについて、それぞれの割引率と自己負担額を、ご覧ください。

【平日・交通付き】利用の自己負担額

旅行代金1名1泊あなたが払う金額割引額(40%)地域クーポン
5,000円衝撃の【0円】2,000円の割引3,000円もらえる
10,000円3,000円4,000円の割引3,000円もらえる
20,000円9,000円8,000円の割引(割引の上限です)3,000円もらえる
30,000円19,000円8,000円の割引(割引の上限です)3,000円もらえる
平日に交通付き・実際に支払う金額・一覧表

【平日・宿泊のみ】利用の自己負担額

旅行代金1名1泊あなたが払う金額割引額(40%)地域クーポン
5,000円衝撃の【0円】2,000円の割引3,000円もらえる
10,000円3,000円4,000円の割引3,000円もらえる
20,000円12,000円5,000円の割引(割引の上限です)3,000円もらえる
30,000円22,000円5,000円の割引(割引の上限です)3,000円もらえる
平日に宿泊のみ・実際に支払う金額・一覧表

【休日・交通付き】利用の自己負担額

旅行代金1名1泊あなたが払う金額割引額(40%)地域クーポン
5,000円2,000円2,000円の割引1,000円もらえる
10,000円5,000円4,000円の割引1,000円もらえる
20,000円11,000円8,000円の割引(割引の上限です)1,000円もらえる
30,000円21,000円8,000円の割引(割引の上限です)1,000円もらえる
休日に交通付き・実際に支払う金額・一覧表

【休日・宿泊のみ】利用の自己負担額

旅行代金1名1泊あなたが払う金額割引額(40%)地域クーポン
5,000円2,000円2,000円の割引1,000円もらえる
10,000円5,000円4,000円の割引1,000円もらえる
20,000円14,000円5,000円の割引(割引の上限です)1,000円もらえる
30,000円24,000円5,000円の割引(割引の上限です)1,000円もらえる
休日に宿泊のみ・実際に支払う金額・一覧表
  • 平日の方が、クーポンを2,000円多く使える
  • 宿は価格が安いほど還元率が高い
  • 乗り物とセットの方が還元率が高い

という3点から、土曜日、祝日前日よりも、平日の予約を利用したいですね★

ADVERTISEMENT

【全国旅行支援=全国旅行割】3つの注意点

注意点1:ワクチン証明か陰性証明が必須

お住まいの都道府県に、無料で検査を受けられるシステムがあれば、利用しましょう。受けるタイミングは、予約後に確認が必要です。

無料検査が受けられるのは「無症状」に限られます。「症状がある場合」は、医療機関での検査となり無料では受けられません。

ワクチン接種の証明は、【デジタル庁のアプリ】も便利です(=日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明書を取得できるアプリ)。

注意点2:適用外の都道府県があるかも

参加を希望しない都道府県があった場合、その都道府県への旅行は、全国旅行割の対象外になります。

あなたが行きたい都道府県が、参加しているか、確認してみましょう!

注意点3 :予約は正式発表後が確実です

準備のできた都道府県から、情報が発表される見込みです。

発表前に予約をしておき、あとから割引が適用される見通しで、人気宿を抑えておくのもひとつですが、万が一、適用されなかった場合のリスクとセットです。

心配な方は、混乱を避けて、確実に割引を受けるために、正式発表後の予約をおすすめします。

いちばん大切なことは、

行きたい都道府県、泊まりたい宿泊施設を、決めておくこと!です。

ADVERTISEMENT

【全国旅行支援=全国旅行割】の一番簡単な予約方法

お悩み中さん

全国旅行割を予約、
どうすれば簡単?
予約サイト
いっぱいありすぎて
迷うわ。

数多にある旅行予約サイト、悩みますよね。

宿だけの予約サイト、乗り物とセットの予約サイト、ツアーが主流の予約サイト、格安重視の予約サイト・・・迷いますよね。

スマホの月額プランと同じく、各社それぞれの戦略、売りがあるため、判断基準が様々だと思うのです。

では、全国旅行割をお得に抑えるためには、どうしたら、良いのか?

全国旅行割の専用ページがある予約サイトを利用することです。

もし、あなたが、何日かかけて、数十社の予約サイトから、あなたのニーズに合うプランを、電卓とメモを準備して、徹底的に比較することが、楽しめるならば、別です。

が、なるべく、最短で、簡単に、確実に「あなたに合う価値の高いお得」を手に入れたいならば、全国旅行割を、わかりやすく明確に予約できるサイトを、おすすめします。

とは言え、「全国旅行割の専用ページ」の入口が、わかりにくい場合も多いので、ダイレクトに飛ぶリストをご用意いたしました。

安心して利用できる《間違いのない予約サイト》を絞り尽くして、あなたのニーズ別にご準備致しましたので、ご活用いだけたら幸いです。

平日に宿のみ利用・温泉に行きたい派

【ゆめやど】は平日宿泊が、圧倒的にお得な《温泉宿の予約サイト》です。

平日お得な宿泊予約が一番の売りですので、全国旅行割との相性は抜群です。

関東の温泉地を中心に「平日をお得に楽しむ」をテーマに、どこよりも安い期間限定の「平日ご優待プラン」が人気!

平日⇒土曜日を除く、日~金曜日

宿のみ利用・低価格で温泉に行きたい派

【ゆこゆこネット】は、全国の温泉地を中心に3,000件以上の宿を掲載する《温泉宿の予約サイト》です。

1泊2食付の格安プランが満載で、全国旅行割で割引率が大きい価格帯が揃っています。

宿のみ利用・全国旅行割でリッチホテル派

【一休.com】は、全国のラグジュアリーホテル・高級旅館の《宿の予約サイト》です。

愛用者として「ハズレたことがない」ので、おすすめです。

全国旅行割の割引率を生かして、リッチな旅をしてみませんか?

\\\2022年9月23日現在、準備中でした!///

全国旅行割のページアップ次第、最新を掲載いたします。

乗り物とセットで予約したい派

飛行機で予約ならば、【JAL】が、やっぱりオススメです。

個人的には、JALにしかない座席「クラスJ」が大好きです。エコノミーとビジネスの中間シートにプラス1,000円で乗れるのが嬉しい!女一人旅プランもエアライン系で一番の充実内容です。

女一人旅におすすめのもう1社は【JTB】の一人旅シリーズです。

こちらは、新幹線とのセットも可能です。

楽天トラベルなら「宿+交通付き」も「宿泊のみ」も予約可能ですよね。

楽天ポインターならば、一択でしょうか!

5と0の日の割引や、他クーポンとの併用も可能で、大きな割引が期待できそうです。

【じゃらん】も、「宿+交通付き」も「宿泊のみ」も予約可能で便利ですよね。

リクルート系ポインターならば、一択でしょうか!

他クーポンとの利用ですし、宿予約は、クレジットカード決済することで10%のポイントがもらえますよね!

ぜひとも、あなたのご要望に合う予約サイトで、最大のお得をゲットしてください★

当ページは、最新情報に合わせて、更新・追記・改良をしてゆきます。

ADVERTISEMENT

【目次】タップですぐ 見れます